八甲田山の日記念登山大会

投稿日: 2014年7月14日 21:16

スタイル: ハイキング,無雪期

提出者: narita-tooru

出発日: 2014年7月13日

帰着日: 2014年7月13日

同行者: 県内山岳団体(たがじょ)・一般登山者(1班8名)

 

酸ヶ湯8:55~地獄湯ノ沢9:56=10:05~八甲田清水10:26=35~大岳11:13=15~大岳非難小屋前11:38=12:20~上毛無岱?~下毛無岱13:30=41~酸ヶ湯14:30

歩き始めて直ぐに、一般の女性暑いとのこと、雨具を着ているらしい。水道敷きで、脱ぐように指示したが、我慢するとのことに前に進む。程なく、歩けないとのことに、小山内、今さんが付き添ってくれる。外の登山者も次々登ってくるので、第一班の我々はそのまま進行する。ゆっくり歩き、初めの休憩は、地獄湯ノ沢を渡った所とする。風があり涼しい。水を飲むが、後続はなかなか現れず。無線に受信があったが、こちらから発信出来ず。セッテイングが判らずそのままにし、仙人岱の水場で相原さんの携帯でCLに連絡する。大岳は、ガスの中だ。風も強そう。小岳の分岐を過ぎて小さいがアオノツガザクラを見る。チングルマ、ヒナザクラも。ここは雪解け間もないのだ。山頂手前で、ウサギギクも。山頂はガスで、展望なし。即出発。下に小屋が見える、北側はガスが薄い。五戸町の40名と会う。小屋前でヤッケを着て昼食を採る。寒いので、予定を10分繰り上げて下山とする。上、下毛無岱で休憩し、晴れた大岳や、南八甲田を遠望する。小雨が落ちてきたが、樹林帯に入ったので雨具をつけず。ゆっくりペースだったが、皆満足されたようだ。14時30分無事酸ヶ湯へ下山。遅れた女性二人と、付き添った小山内、今さん、CLらは、16時に無事下山。ご苦労様でした。

たがじょ参加者=小山内、今、大澤、加藤、相原夫妻、成田の7名。

コメントを残す

コメントを残すにはログインしてください。

  • カテゴリー

  • アーカイブ