袴腰岳

投稿日: 2019年1月17日 8:52

スタイル:

提出者: gasgas20jp@yahoo.co.jp

出発日: 2019年1月13日

帰着日: 2019年1月14日

同行者: なし

DA798296-5ACC-4F4A-9CD4-598EE0D795F0 71D8EB6A-4F3B-455E-B670-2B914C0906DD 5758E750-3865-43B7-993F-2D9902E23D4F 5E13D56D-F52E-4E7D-A13B-F6E5B712B34E 7091D5EC-55FA-4E0A-997E-5E1823CD815F 700BB808-D01D-4520-ABDE-889F725CA57D 9BA98C10-0C17-4284-B7C1-6F6EA2725CF0 E435B341-4D61-450A-97CB-0A06757C4DE1 8CF57287-F2D1-403B-A931-CAEE1B898186 68528B69-E1B2-45E0-B258-08BF31E53E4C BDDBC376-0420-4717-9877-C4DE0420E74411日(金)0時過ぎまで飲んでしまい、12日を棒に振ることに。高校サッカーの準決勝を見ながら、残り二日どうしようかと思いめぐらせた。三つほど候補に挙がったが、まだ一度も行っていない袴腰岳に行こうと決め、すぐに準備に取り掛かった。
1/13 7:25サンワドー前からバスで青森駅へ8:12津軽線で蓬田駅へ、ヨモットでオニギリ調達し隣のJASSからスキーで出発。田畑の中をショートカットし新幹線高架手前から林道に入る。先行者(スノーシュー1人)あり、11:00赤倉分岐、先行者も袴腰方面へ、11:42無線中継所スキーからワカンに替えて進む、13:55 p548先行者とすれ違う、5時に国道出発したようだ。14:54郡界尾根、大倉岳分岐、ここにテン泊することに。8:00就寝、風もなく三日月と満点の星空。
4:30起床、昨日はほとんど無かったのにウサギの足跡だらけ!気配すら感じず爆睡していたようだ。6:07テン泊出発、6:32山頂、下りは少しショートカットしようと夏道と違う尾根を下りたが雑木がうるさく、スキーを担いでの下山は難儀だった。9:16甚兵衛林道終点、11:40津軽中里駅、12:04津軽鉄道、12:45五所川原駅、14:20青森駅、14:55アパート

・山頂付近何回か踏み抜き(笹)、モナカ雪で急斜面難儀、中里側林道法面は午後はが当たり崩れそう、カモシカの足跡が多い山域

コメントを残す

コメントを残すにはログインしてください。

コメント

  • カテゴリー

  • アーカイブ