和賀川大鷲倉沢

投稿日: 2019年9月16日 11:10

スタイル:

提出者: natyuraryburaun5

出発日: 2019年9月14日

帰着日: 2019年9月15日

同行者: Aくん

約20年前、先輩方に連れて行ってもらった大鷲倉沢。当時の記憶は、途中で暑さで体調不良になって、荷物を減らしてもらって、沢では手も足も出ない滝ばかり。詰め上りは草木に掴まってやっと稜線へ出た。そんな厳しい記憶しか残っていない。今回は巻いた滝は2つ。Aくんのおかげです。ショルダーで上がれなかった滝を逆にAくんがショルダーで登攀。絶対無理と思った滝を登ったり。さすがでした。でもザックは圧縮した方がいい。

Aくんはやりたい沢があるらしく、燃え滾るエネルギーをぶつけてきました。20年前の僕と、現在のAくんは同じくらいの年齢。当時の僕より今のAくんの方が登坂能力は格段に上である。泳力は劣る。

久しぶりに泊り沢をやった。いつもなら次の日は体中痛みがあるのだが今回は全くない。日帰りでも毎週沢に行っているからでしょうか。

aBCD_LIEIMGP5740_LIIMGP5755_LI

コメントを残す

コメントを残すにはログインしてください。

コメント

  • カテゴリー

  • アーカイブ