早池峰山コメガモリ沢左俣 左岩稜

投稿日: 2020年3月16日 19:30

スタイル:

提出者: natyuraryburaun5

出発日: 2020年3月14日

帰着日: 2020年3月15日

同行者: Oさん

念願のコメガモリ沢左俣・左岩稜登攀できました。

今年に入り2月1日~2日、22日~23日、そして昨年3月2日~3日と挑戦しましたがいずれも登れませんでした。

今年2月1日~2日は、ガスって岩稜がよくわからず、違う岩稜に取り付いてしまいました。それなりに面白い登攀でした。この岩稜が右岩稜のようです。

22日~23日は悪天、強風で取り付きまで登って登攀を断念しました。

昨年は、チムニーのところがいま一歩登れないで下山しました。

今回は好天と、岩に雪がなかったことと、ナッツ・フレンズがよかった。あとOさんの絶対登るというイメージづくり。絶対大事。気合入ってましたよ。昨年登れなかったチムニーはランニングビレイ3つとって、無理やり突破。あいかわらずカッコ悪い登り方でしたが。

次のピッチはOさんがトップ。高度感あるピークへ到達。

次は平坦で簡単。最後が登り始めが手掛かり足がかりが微妙。これで終了。

するとOさんが目の前のもうひとつの岩稜を登ると言い始める。なんという貪欲さ。もちろんトップで微妙な岩壁を登り切った。もうお腹いっぱい。

下山は懸垂下降もあってなかなか。でした。

 

※登山大系にあるコメガモリ沢右岩稜と左岩稜。登山大系の記述といろいろな方々の話を聞くと、昨年ホームページに載せた「早池峰山コメガモリ沢左俣右岩稜 敗退」は左岩稜と思われます。

IMGP6363沢がパックリ。お蔭で雪で水は作らなくて済みました。スキーを脱いで渡渉もしました

IMGP63591時間20分でイグルー完成。少し狭かったかな。夜天井から水滴。穴が開いた

S__11067422煮込みラーメンで寒くないよ

S__11067413チムニーに挟まれる

S__11067417興奮の雄たけび

IMGP6408登山大系の第1峰と思われる

IMGP6414かっこいいぜ

IMGP6422次のピッチ。この辺が微妙でズルっといきそう

IMGP6437ああ、登攀おやじ。箸を忘れて歯ブラシでラーメンを食っただけはある

 

コメントを残す

コメントを残すにはログインしてください。

コメント

  • カテゴリー

  • アーカイブ