瑞牆山十一面岩左岩壁 「山河微笑」

投稿日: 2021年7月30日 19:23

スタイル: クライミング

提出者: morikazu

出発日: 2021年7月17日

帰着日: 2021年7月17日

同行者: O、K、A 

「最高グレードは10aながら、ルート全体にフェース、チムニー、ハンドクラック、オフゥィズスと、クラックの基礎技術が詰まっていて、充実感はなかなかのもの」と、資料に書いてある。瑞牆グレードだから、らくではないと思うが、挑戦してみることに。

 

Oさん全リード。
◆1ピッチ目 5.8 30m
やや苔むしたコーナーを登ると小さなハングに突き当たる。前日の雨で染みだして濡れている。そこを左にトラバースして、フェースを拾って登る。ランナーが取れないので、さらに左にランナウトして、支点を取っていた。それからは快適に登れた。これで5.8かー。。。という感想。

◆2ピッチ目 5.8 40m
ビレーをしているとチムニー内がよく見えなかったのだが、行ってみるととても傾斜があってかっこいいチムニー内部で、思わず声を揚げる。ハンドが決まるのでそれほど難しくはなく、上部の小ハングを超えるとハンドサイズ~少し難しいオフゥィズスとなり、大きなテラスへ。

◆3ピッチ目 5.10a  35m
取付が少し傾斜があるクラックなので、立ち木を登ってクラックに取りついた。クラックをそのまま登るよりフェースのほうがらくそうなので、フェースに出ようと思ったらけっこう難しく、しかたなくクラックをそのまま登る。その上のコーナークラックもワイド気味で難しかった。必死なので、あまり記憶にない。

◆4ピッチ目 スラブ、テラスへ下りる 15m

テラスは2人は立てる。

◆5ピッチ目 5.10a 25m

苦手なワイドからスタート。でも、思っていたよりもスムーズに行けた。おっ!ワイドうまくなったかも。。。と思っていたら、その上のワイドでは、足が効かず、ずりずりずりずり進まない。右向き?左向き?どっちのほうが登りやすいの?頭がパニック。必死にもがいて、なんとか抜けた。やっぱりワイド、難しい。Oさんは快適だったと言っていた。ワイド習得の道のりはまだまだ遠いな。

 

今シーズンは、瑞牆に結構通えたので、うれしかった。でも、まだまだ瑞牆レベルには程遠い。頑張らないと。。。

 

 

??????????????????????????????? ??????????????????????????????? ??????????????????????????????? ??????????????????????????????? ???????????????????????????????

コメントを残す

コメントを残すにはログインしてください。

  • カテゴリー

  • アーカイブ