徳沢ロッジにお礼の旅

投稿日: 2022年5月15日 22:15

スタイル: ハイキング

提出者: morikazu

出発日: 2022年5月14日

帰着日: 2022年5月15日

同行者: O 

この土日は梅雨前線が太平洋側に居座り、お天気芳しくない予報だったので、Oさんとかねてから気になっていたことを実行に移す。

 
昨年9月に北条新村ー北尾根ー前穂高岳に登った後、A沢を下り奥又白池のテン場に戻るはずが地震が起こったため、一般登山道で下山し、徳沢ロッジに泊めていただいた。夜中に到着したにも関わらず、とてもよくしていただいたので、いつかお礼を兼ねてゆっくり宿泊しようと以前から話していた。昨年11月に行こうとしたらもう営業が終わっていたので、今年は絶対行かなければと思っていた。
雨でなければゆっくりできないので、これ幸いと予約したという次第。

 

【5/14】雨のち晴れ

大正池でバスを降り、散策。傘をさしながら、上高地へ。かっぱ橋はGW終わったからか、雨だからか、人も少なく少し寂しい。

昔食べたケーキセット(桃のタルト)が美味しかったのが忘れられず、五千尺ホテルの喫茶ルームに入る。甘夏とはちみつのタルトも、美味しかった。

徳沢までの道は、ニリンソウが雨に打たれて蕾んでいた。

 

徳沢ロッジに着き、昨年の事情を話し感謝の気持ちを伝えた。あの時、対応してくれた若い男性スタッフ2人は、今回はいなかった。直接お礼が言えなくて残念。若いのに対応が親身で、スタッフの教育が行き届いていて素晴らしいなと感心した。

もちろん、今回のスタッフも対応が行き届いていた。少しだけど青森からのお土産を渡したら、喜んでくれてよかった。

 

3月、4月は怒涛の仕事量で、心も体も疲弊してしまった。GW山行の疲れもまだ残っている。

部屋の窓から明神岳と前穂高岳、新緑を眺める。野鳥のさえずりも心を癒やしてくれる。ゆっくりと贅沢な時間を過ごせた。

 

【5/15】曇り

今日は雨予報から晴れ予報に変わった。冬山装備(アイゼン、アックス、ストック)全然持ってきてなかったが、涸沢まで散歩に行くことにする。

ひと昔前、GWにO澤さんやF本さん、M山さんと、奥穂高や北穂高に行ったことを思い出しながら登った。

今日はテントもロープもガチャもない。なんて身軽!素敵!

日曜日だというのに、涸沢ヒュッテも人が少なく寂しい感じだった。穂高は雪がだいぶ解けていて、黒かった。

 

下山時、イケメンの男性から声をかけられる。ガイド中の花谷さんだった。明日は奥穂高に登るとのこと。

覚えてくださっていて、ありがたい。また七丈小屋にも行かなきゃな。

 

徳沢に着いたら、やっぱりソフトクリーム。かわいい小物もゲットできた。

たまにはこういうのもいいよね!と、ゆったりお散歩山行お願いしますアピールする。

今日は雨が降ってないので、ニリンソウも開いていて元気だった。

 

今回、徳沢ロッジに行けて、心に引っかかっていたことが実行でき、さっぱりした。これからも人の温かさに感謝し、事故なく怪我なく安全にアルパインをやっていきたいと思う。

 

IMG_20220514_133748IMG_20220514_141606IMG_20220515_104046IMG_20220515_104202IMG_20220515_104523IMG_20220515_134634IMG_20220515_144122

コメントを残す

コメントを残すにはログインしてください。

コメント

  • カテゴリー

  • アーカイブ