作田川

投稿日: 2022年9月12日 19:28

スタイル: 沢登り

提出者: nishikawa

出発日: 2022年9月12日

帰着日: 2022年9月12日

同行者: 妻

先日のF田さんの山行記録を読んで、ぜひ行きたいと思っていました

他の記録を調べると「てんてん虫」さんの2012年のブログを発見!これは行かねばと

北八甲田の疲れも残っていないので、積極的休養ということで出かけました

 

EL300の橋を渡って50mほど先に車を停めるスペースがあり

堰堤の上に下りて行けました

B76F48A4-7E91-4C3B-B343-7BB1ADF113FA A7645C7A-D4ED-434C-B818-DCB5C90AB02E

遡行時間が2時間ほどと短そうなので、釣りをしながら行きました

68D84509-1913-4C25-B3FE-073C7843B2FA 5FED161F-4BC8-4688-9248-55C598EA75C3 0129C654-B204-4EFF-9AD6-274FCF881266 98497268-80B2-4689-ADAF-B81F9FEB61B3

釣った魚は、持ち帰らずにリリースしました

62186CB0-7E36-4161-B529-7BB9428D149A B4FFDDB7-A52D-4632-A28C-0A7FB93EF3D7 CD26CCE7-58AE-4E72-8E86-90E0778DC5F9

F田さんが巻いた滝は結局分かりませんでした 汗

57F834D2-462D-4AF3-8C88-A65F4B2232C5 12D135FB-0DDD-41A2-8D19-18843B4F7BB2  04316805-5C54-44B8-A530-3F9FAA01E021 C2D4A649-ACAC-490F-9043-03A581504FEF CC4074E1-2651-4556-812F-A9A193E6B9B9

 

 

90151141-4512-4225-9C8C-90143C953B4C DF642179-5527-4D66-8C4E-775C53A12307 4F4255A4-3474-451F-A332-E8C049942A74 CAC83FDF-F61E-451F-A79A-5BBE30DCEB00  90CF851A-B6EF-4B7D-A8C9-8B8BB10D5D1B 7D11485B-57F5-4E9D-B564-53439B4DDE56

三階滝を登ってからお昼タイム

2868FA41-BF8E-4D84-A7B8-7F970D3118E9 B288E210-855E-4A9C-9E31-FCF7FDAFF0C3 B53E969B-C682-4B94-B63E-C164D2A08A57

 

柱状節理の石が階段状になっていたり、小さいゴルジュみたいな感じになったり

C7944808-EE7C-4A23-8347-0B8C8BDEE47A

もうお終いかと思ったら、また小さいけど楽しそうな滝が

E68E3838-D243-4AE6-AAA4-1D926A2B0BCB 4190D876-64BD-458D-8137-6D0AF6D35401 7A992D4F-0E99-483B-9A5A-4F39607EE7EC B8F0AD48-FBEA-494D-8AAD-276531A985EF

 

今度は本当にお終い

2BEBCD2D-FDFD-4190-83C0-05EEC5D8FB20 FDF94CA2-2634-4743-80D2-7C836E3D1C3D

 

あとは林道をてくてくと下山しました

6EF20126-E29C-4809-814E-036AFD9A674A 450CEEBC-829E-4C92-B1F1-72F87B4FBBA8 A775895D-DC07-4BDB-8FEE-AFD34FD35537 DAE054F1-52D0-4712-B04E-7168E17C3C17

そうそう、キノコ

ヤマブシタケとサモダシとアワタケ?(撮っただけで、採りませんでしたけど)

46F1AB4D-AAFA-4313-A911-949F93FF7E75 79519445-35B3-4B30-9EB9-D31884DDD27E 5E731041-7A3F-4F97-B5CF-18F4E8CAF33F

いや、楽しい沢歩きでした 笑

来年は、三階滝の先で沢泊してゆったりしたいと思いました

コメントを残す

コメントを残すにはログインしてください。

コメント

  • カテゴリー

  • アーカイブ