種差ハイボルダー

投稿日: 2022年9月3日 21:11

スタイル: クライミング

提出者: nishikawa

出発日: 2022年9月2日

帰着日: 2022年9月3日

同行者: 妻 F田さん M山さん

2日、先日(8/26)F田さんに教えていただいた種差ボルダー

日帰りはもったいないので、3日の約束に先立って現地入り

4A2C2A37-C16B-4B4E-81EE-92E4CAB3DE84 DCA4974E-438F-4E48-8FCC-8C13A66EAB64

先日触らなかったルートをいろいろと登ったり

A519575A-205A-459D-AE2F-7A2535A7A328

低い位置をトラバースして遊んだり

573C05A6-5A1A-4EE5-8931-326769997F89 088BA717-A631-40EC-88DC-B16A007742AC 87268927-3D83-4832-BDEE-780EA8A3B303

 

夜は、無料の「ふるさと河川公園」でテント泊

932DC8B0-E125-4CB7-9D24-8F1D144E2D92 F463AF0F-C152-46A1-8F4D-98DF0CDD554D  A4711320-871C-4232-84D6-9BC72F2E497B 1B45D51A-C901-44BD-AACA-9D81F970315D

あけて本日(3日)は、種差漁港の公衆トイレ前集合

1FD49D30-7D6D-449B-8839-9B7C88266723

初参加のM山さんは、なんと外岩そのものが初めてとのこと

ハンガールートにトップロープをかけて挑戦

65AD8204-25AC-450E-8849-181DFE365873 84B860FE-1BED-4203-96DB-FB3D8E617EBC BFDD537E-8F93-4B78-A352-946D86EC3563 99F65064-02A9-4EC7-BB52-956CA90D9972

左膝を痛めているとのことで、無理をせず

それでもアグレッシブに果敢に挑む姿は、感動ものでした

 

一方ベテラン組は、カムでのアンカー構築とセカンドの確保

セカンドは回収と受け渡しで、次のピッチをトップで登り繰り返し

DFBF57E5-E397-48AE-BC6A-CB5ED1E8207B 64CBEC60-5D30-4F4A-A441-847F55438FC5 EA6B5623-DE24-4F0A-9C78-AF2934C8DDE9

 

場所を変えて、トップも交代して

ハンギングビレーでの確保もやってみました

7D76BFB4-91AF-4984-8736-7BB312FE75F6 B5E8F015-D7AA-4E64-B323-308455CC0F27 7CC8CFC5-03EC-41CA-9134-774A3FEDACD8 679224B6-F2BB-49CB-8C82-188FE7526E04 DE43D502-B6E1-48AD-A337-BE12B5E7616F

 

4630B6FA-B075-451B-A3AD-6271B8A20CCA 7F65D18B-CF01-44B5-816F-CEE7AAE8161C

支点構築は場所を変えて何度もやり

0F634533-5C61-4914-AC9B-274E05EE86E5 91A28C07-5783-4274-8E26-BDFDEBD7E1CC F37A3AF2-9B9B-433B-A081-F51374F0AF0F

 

最後は小雨がパラついてきたので、頃合いを見てお終い

砂が水を吸い込むようにどんどん上手になってきます

好事魔多しですから、慣れたころの危険が無いように

 

くれぐれも、ご安全にこれからも楽しみましょう

コメントを残す

コメントを残すにはログインしてください。

コメント

  • カテゴリー

  • アーカイブ